東北地方の経済

東北(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)は1990~2009年にかけて農林水産業、鉱業、製造業、建設業、卸売・小売業、運輸・通信業等が減少傾向にあり、一方、不動産業、対家計民間非営利サービス生産者等が増加傾向にありました。これは全国とほぼ同様な傾向でした。平成23年の東日本大震災により一時的に東北経済は落ち込んだものの、その後被災地での建設業等は大幅に活性化しました。生産業では「電子部品、デバイス、電子回路」「情報通信機械器具」「木材・木製品」は全国比的に高い水準にあります。

東北地方の人口は全国と比較しても高齢化率が高く、今後さらに増加傾向に推移すると予想されています。

東北地方のM&A – 2018年

2018年の東北地方のM&A件数はトータル125件で、過去最高の件数を記録しています。買手、売手とも東北地方内のM&A案件は34件、買手が地域内、売手が地域外のM&A案件が39件、買手が地域外、売手が地域内のM&A案件が52件でした。東北地方の企業が買手となった73案件を業種別にみると、投資ファンドを含む「その他金融」が19件でトップ、第2位は「陸運業」18件、第3位「小売業」9件でした。複数案件の買手とした登場した企業は、カメイ、磐栄ホールディングス、ジー・テイスト、七十七キャピタル(ファンド)、東北大学ベンチャーパートナーズ(ファンド)などです。

トータル125件中、2018年の金額トップ5は、

  • 1位  約171億円
    情報通信工事大手のミライト・ホールディングスは、東北地方を中心とする同業のTTKを株式交換により買収した

  • 2位  約109億円
    デンソーは、パイオニアの孫会社でファクトリー・オートメーション(FA)事業の東北パイオニアEG(山形県天童市)を買収した。同じく全額出資子会社の東北パイオニア(同)から109億円で全株式を取得

  • 3位  約50億円
    海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構、東京)などは、慶応義塾大学発ベンチャーで新世代バイオ素材開発のスパイバー(山形県鶴岡市)に資本参加した。総額50億円の第三者割当増資を引き受けた

  • 4位  約20億円
    MSD企業投資(東京)が運営するMSD第一号投資事業有限責任組合(同)は、産業廃棄物処理事業のユナイテッド計画(UK、秋田県潟上市)を買収した。20億円の第三者割当増資を引き受け、約60%の株式を取得した。

  • 5位  約18億円
    OCHIホールディングスは、三菱ガス化学の孫会社で冷熱環境器材販売の太陽産業(仙台市)を買収した。同じく全額出資子会社でキシレン樹脂製造・販売のフドー(横浜市)から約18億円で全株式を取得する

という結果となりました。

東北地方のM&A – 2017年

2017年の東北地方のM&A件数はトータル89件でした。買手、売手とも東北地方内の案件は27件、買手が地域内、売手が地域外の案件が16件、買手が地域外、売手が地域内の案件が43件でした。東北地方の企業が買手となった43案件を業種別にみると、投資ファンドを含む「その他金融」が28件でトップ、第2位は「サービス」4件、第3位「その他販売・卸(総合商社や食品・医薬品卸以外)」3件、「ソフト・情報」3件でした。複数案件の買手とした登場した企業は、カメイ、宮城生活協同組合、七十七キャピタル(ファンド)、いわぎん事業創造キャピタル(ファンド)、東北大学ベンチャーパートナーズ(ファンド)、一般社団法人MAKOTO(ファンド)です。

トータル89件中、2017年の金額トップ5は、

  • 1位  145億円
    ウエルシアホールディングス(東京都)は調剤薬局経営の丸大サクラヰ薬局(青森県)を買収

  • 2位  129億円
    海信集団(ハイセンス)グループの青島海信電気は東芝の全額出資子会社でテレビ製造・販売の東芝映像ソリューション(青森県)を買収

  • 3位  249億円
    臨床検査受託のE-BONDホールディングス(埼玉県)は傘下でソフトウェア受託のアイソプラ(岩手県)を通じてソフィアホールディングス(東京都)を買収

  • 4位  23.6億円
    リンガーハット(東京都)は幸楽苑ホールディングス(福島県)から京都工場を譲り受ける

  • 5位  22.5億円
    メディカルシステムネットワーク(北海道)は保険調剤薬局経営のアポテック(青森県)を買収

という結果となりました。

東北地方の
過去の案件

(東北地方の公表ベースのM&A件数推移)
((東北地方の公表ベースのMM&A推移)
※買手(当事者1)、または売手(当事者2)が東北地方の企業のM&A件数を集計
※出所:レコフM&Aデータベース

過去の主な大型案件

公表日 対象会社 金額
2018/5 ミライト・ホールディングス/TTK
情報通信工事大手のミライトホールディングス(東京都)は東北地方の中心とする同業のTTK(宮城県)を買収し完全子会社化。両社は総合エンジニアリング&サービス会社として事業領域の拡大等を進めている。
171億円
2016/7 村田製作所/ソニーグループ電池事業分割会社
村田製作所(京都府)はソニーの全額出資子会社のソニーエナジー・デバイス(福島県)の電池産業、中国とシンガポールに属する製造拠点、販売拠点等を獲得。
175億円
2014/12 コカ・コーライーストジャパン/仙台コカ・コーラボトリング
日本最大のコカ・コーラボトラーであるコカ・コーライーストジャパン(東京都)はカメイの子会社である仙台コカ・コーラボトリング(宮城県)を買収し完全子会社化。コカ・コーラ製品の年間販売数量は約3億ケースとなり、日本のコカ・コーラシステム全体の約50%に達する。
103億円
2013/11 やまや/チムニー
酒類販売のやまや(宮城県)は東証2部上場で居酒屋大手のチムニーを買収。同社は海鮮居酒屋築地「はなの舞」など約700店舗を経営している。
143億円
2011/6 アークス/ユニバース
食品スーパー大手のアークス(北海道)はユニバース(青森県)を買収し完全子会社化。売上高合計は4061億円となり当時同業1位のライフコーポレーションに次ぐ2位の規模となった。
129億円
2010/9 東京電力、関西電力等9電力会社など/日本原燃
全国9電力会社などは原子燃料サイクル事業の日本原燃(青森県)への出資比率を高めた。筆頭株主の東京電力は1304憶5400万円を引き受けた。
4000億円
2008/5 荘内銀行/北斗銀行
荘内銀行(山形県)は北都銀行(秋田県)と共同持株会社を設立。預金量合計約1兆8000憶と当時東北地方で6番目の規模となった。東北での県境を越えた金融機関の再編は初めて。
138億円
2006/12 ギガスケーズデンキ/デンコードー
当時家電量販店6位のギガスケーズデンキ(現ケーズホールディングス)は同業9位のデンコードーを買収し完全子会社化。売上高でコジマとケーズデンキを上回り業界4位に浮上。
160億円
2006/8 GMOネットカード/ジャストなど13社
GMOインターネットの子会社でインターネット総合ファイナンスサービスGMOネットカード(旧オリエント信販、東京)は個人向けローン事業のジャスト(青森市)、ジャパン(仙台市)、三愛信販(山形市)など13社(いずれも東北地域)を買収。
266億円
2006/4 セブン&アイホールディングス/ヨークベニマル
セブン&アイホールディングス(東京都)はヨークベニマル(福島県)を買収し完全子会社化。同社を食品スーパーマーケット部門の中核と位置づけ。
1489億円
2005/4 ゼビオ/ヴィクトリア(ジャフコ投資先)
スポーツ用品専門店のゼビオ(福島県)は当時同業5位のヴィクトリア(東京都)を買収し完全子会社化。手薄な首都圏を開拓し、当時同業1位のアルペンに迫る。
200億円

東北地方の
レコフの実績

レコフの東北地方における主な実績を紹介します。
なお、直近の案件は機密保持上、開示しておりませんのでご了承ください。

公表日 対象会社(ポジション)
詳細
2014/4 アイリスプラザ/ユニリビング(売手FA)
生活用品製造卸のアイリスオーヤマ(仙台市)は、グループで通信販売のアイリスプラザ(同)を通じて、三井不動産の全額出資子会社でホームセンター(HC)運営のユニリビング(千葉県浦安市)を買収。アイリスオーヤマは2008年に仙台市地盤のHCダイシンを買収し、宮城県内で15店舗を運営している。大市場である首都圏に店舗網を確保し、売上規模拡大を目指す。
2014/3 アークス/ベルグループ(仲介)
食品スーパー最大手のアークスは、岩手県地盤で同業のベルプラス(盛岡市)の純粋持株会社であるベルグループ(同)と株式交換方式により9月1日付で経営統合し完全子会社化。
2011/6 アークス/ユニバース(仲介)
北海道食品スーパー大手のアークスは、青森県を中心に事業展開するユニバースを完全子会社化。売上高合計は4061億円となり、国内食品スーパーでライフコーポレーションに次ぐ2位の規模となる。
2008/5 荘内銀行/北都銀行(買手FA)
山形県を地盤とする荘内銀行は、秋田県地盤の北都銀行(秋田市)と共同持株会社を設立し、2010年4月をめどに経営統合。預金量合計約1兆8000億円と、東北地方で6番目の規模となる。東北での県境を越えた金融機関の再編は初めて。
2003/8 イオン/サンデー(仲介)
イオンは、東北を地盤とするホームセンターのサンデーに資本参加。大株主の吉田興産協同組合などから株式20%を約10億円で取得し、同組合と同率の筆頭株主となった。スーパーとホームセンターを組み合わせた新しい流通業態「スーパーセンター」を東北地区で共同展開。
1998/4 倉元製作所/ナンパックス(仲介)
倉元製作所は、精密スプリング製造販売のナンパックス(長野県諏訪市)の全株式を取得し、異業種へ進出。

※出所:レコフM&Aデータベース

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4945