事業承継を検討する方へ
最高品質のサービスを提供する
M&Aアドバイザー

事業承継M&Aに関する
ご相談は無料です

03-3221-4945

平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム お問合せ

株式会社レコフ

メニュー

事業承継M&Aサービス

M&Aサービスで、相手探しはその一部にすぎません。
事前準備助言から始まり、相手の特定、案件組成、交渉戦略の立案と実行、企業評価、種々の契約に際しての
アドバイス、こうした要素をカスタムメードで組合せていくことが総合力を形づくります。
事業承継のM&Aも市場の奥行が増し、上場企業へのM&A助言と同じレベルの統合力が必要になってきました。
上場企業へ長年にわたりM&A助言をしてきたレコフならではの事業承継サービスをご紹介します。

事業承継M&Aの流れ

M&Aに精通した社員がチームを統括し、各段階において、きめ細やかなサービスを提供します。

M&A検討段階

M&A案件構造の組成、工程設計、スケジュールの検討
  • 貴社と打ち合わせを行い、財務内容、事業内容、競合関係、業界内でのポジション等について理解を深め、貴社の要望を十分に勘案した進め方を提案します
  • M&Aの各段階で重要な論点となる事項を整理し、事前に対応策を検討します
  • M&A検討段階で用意すべき資料のリストを提示します
  • 必要に応じて蓋然性のある事業計画の準備をサポートします(候補先に上場企業や金融投資家を想定する場合は必須となります)
事業承継先候補の選定
  • 各業界の担当者が把握している業界動向や主要企業のM&Aニーズに基づき、検討可能性が低い候補先は初期段階から除外するなど精度の高い選定を助言します
  • 候補先を絞り込んだ上で相手先に接触することは機密保持の観点からも重要です

交渉・合意段階

工程管理、スケジュール管理
  • 受渡しまで、円滑に案件を進めるための工程管理、スケジュール管理を行います
候補先との接触、交渉、調整
  • 機密保持を最大限に重視し、経営トップなど意思決定を行う相手に打診・意向確認を行います
  • 譲渡価格を含む諸条件の交渉・調整を支援します
  • 秘密保持契約、基本合意、最終契約等の合意に関する論点整理、交渉・締結の助言や調整を行います
情報開示・デュー・ディリジェンス(精査)対応・Q&A対応
  • 情報開示等に関する助言・調整・支援を行います(情報開示は段階的に行われます。交渉の工程で、情報開示に関するタイミングも助言します)
受渡し
  • 株式の受渡し(事業承継M&Aの実行)の手続きに関する助言を行います
その他取引の円滑な推進のために必要な支援

手数料体系について

レコフの手数料は「業務委託手数料」と「成功報酬」に区分されます。
「業務委託手数料」は、弊社のサービス開始を始まりとして毎月お支払いただくものです。
「成功報酬」は、案件成約時にお支払いいただくもので、金額は、原則として案件の移動資産をベースに算出しています。
詳しくは、担当者にお問い合わせください。

成功報酬の基本料率

資産等の移動総金額 料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

アドバイザーの紹介

  • 水野 治彦
    部長
    水野 治彦
    (みずの はるひこ)
    1971年生まれ。日本証券アナリスト協会検定会員。千代田生命保険において法務や商品開発業務を担当した後、2000年レコフ入社。M&A実務経験は約15年。これまで電子部品・自動車部品・建設機械・食品・家電量販店・食品スーパー・外食・運輸・教育・ホテル・不動産など幅広い業界のM&A案件に関与。現在は、主に事業承継案件や事業再生案件を担当。
    事業の円滑な承継をお手伝いするにあたり、
    まずはお客様のご意向をお伺いすることからはじめております。
    ご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談ください
  • 中川原 吉彦
    部長
    中川原 吉彦
    (なかがわら よしひこ)
    1955年生まれ。公認内部監査人(CIA)。ルノー出資後の日産自動車において、多数の子会社売却ディールをマネジメント。移籍先の物流会社においてIPOを実施後、2006年にレコフ入社。自動車、自動車部品、物流、水処理その他多くの業界を担当。大阪事務所長、総合企画部部長を歴任。現在は、年間100件を超えるお客様からのM&Aご相談の窓口を担当。
    どのような相談にも、ひとつひとつ丁寧に対応させて頂いております。
    まずは、ご連絡をいただければと存じます
  • 澤田 英之
    部長
    澤田 英之
    (さわだ ひでゆき)
    1962年生まれ。日本証券アナリスト協会検定会員。
    信金中央金庫総合研究所(現地域・中小企業研究所)で中小企業金融の調査などに従事した後、政府系金融機関で中堅・中小企業向け融資に携わる。その後、2005年にレコフに入社し、各業界におけるM&A動向の調査等を担当。
    平成19年度農林水産省補助事業、食品企業財務動向調査委員、平成19年度内閣府経済社会総合研究所M&A研究会 小研究会委員。
    著書・論文は「食品企業 飛躍の鍵 -グローバル化への挑戦-」(共著、株式会社ぎょうせい、2012年) 「M&Aを活用した中小企業の経営戦略(調査月報 日本政策金融公庫総合研究所編、2012年7月号)など多数。
    M&A市場分析のスペシャリストとして、レコフらしいきめ細やかな対応で、
    事業の円滑な承継をサポートいたします