2019年9月公表のM&A件数は292件であり前年同月比3.5%の増加となった。マーケット別では、IN-INが227件で前年同月比17.6%増、一方IN-OUTは45件で前年同月比25.0%減、また、OUT-INは20件で前年同月比31.0%減であった。このうち公表ベースの事業承継M&Aは45件(注1参照)であり、この中でサービス関連の企業に対するM&Aが8件あった。

 VTホールディングス(VTHD)は、カーコーティング、洗車用ケミカル・機器など製造・販売のKeePer技研に資本参加する。資本業務提携した。会長等4人から約40億8100万円で20.06%の株式を取得する。第2位株主となる。VTHDはそれぞれのノウハウや強みを活かし、グループ会社でのKeePer技研製品・サービスの取扱いに加え、KeePer技研の海外進出でVTHDグループの海外子会社との連携なども視野に互いの業容拡大を図る。

 予備校、進学塾等運営の城南進学研究社は、保育サービス事業のCheer plus(東京)を買収した。代表取締役から全株式を取得した。同社は2015年7月設立、売上高約6400万円。東京都世田谷区に認可外保育園「サニーキッズインターナショナルアカデミー」(1-8歳を対象としたプリスクール・アフタースクール・保育園)を運営しており、英語教室や学童保育のノウハウを有する。城南進学研究社グループは保育園や英語教室などの乳幼児教育事業について教室展開やM&Aによる事業の拡大を進めている。グループの既存事業とのシナジー効果により事業規模の拡大を加速し、質の高い保育サービスを提供する。

 カー用品専門店「イエローハット」、中古カー用品店「アップガレージ」などの店舗を運営するホットマン(宮城県仙台市)は、自動車車検整備、鈑金、自動車販売などの北日本車検整備工場(宮城県扇町)を買収する。個人から全株式を取得する。同社は1975年設立、売上高1億7000万円。車検整備を中心とした東北運輸支局長指定民間車検工場を営んでおり、高い整備技術を有する。ホットマンは宮城県のほか秋田県、岩手県、福島県、茨城県、栃木県、長野県の7県にわたりイエローハット、アップガレージなどを117店舖運営している。双方の送客シナジーを見込む。イエローハット事業でのピット技術の向上や車検などカーメンテナンスサービス獲得増加を目指す。

 買い手側の企業は、自社事業と関連のあるサービスを提供している企業を対象にM&Aを行うことで、サービス・メニューを拡充しようとしている。消費者ニーズの多様化及び変化は継続していくと考えられ、サービス関連の企業がこれに応えていくためにM&Aを行うケースは今後も広がると思われる。
 

(注1)M&A件数は、株式会社レコフデータがニュース・リリース等公表資料などから集計しているデータによる
IN-IN:日本企業同士のM&A
IN-OUT:日本企業が当事者1(買い手)、外国企業が当事者2(売り手)となるM&A
OUT-IN:外国企業が当事者1(買い手)、日本企業が当事者2(売り手)となるM&A
ここでは公開情報から収集した「売り手の経営者や個人株主が株式の大半あるいは一定規模を売却した案件(オーナー系企業売却案件)」を事業承継M&Aと定義。
ただ、事業承継M&Aは捕捉不可能な未上場企業同士の非公開案件が多く、実際の件数はこの数倍と言われている。
公表ベースでデータを収集しており、未完了案件を含む。