2018年7月公表のM&A件数は310件あり、前年同月比14.8%増であった。マーケット別ではIN-INが227件、前年同月比26.1%増、IN-OUTは69件、前年同月比6.2%増となった。一方、OUT-INは14件で、前年同月比44.0%減少した。このうち公表ベースの事業承継M&Aは36件(注参照)あり、このうちベンチャー企業を対象としたM&Aが2件あった。

 ヤフーは、料理動画レシピサービス「クラシル」を提供するベンチャーのdely(東京都)を買収する。現在、子会社のYJ2号投資事業組合(同)を通じて、15.9%保有している。個人株主3名の他、投資会社などから93億2200万円で29.6%の株式を取得し、出資比率を45.6%に高める。取締役の過半を派遣し、連結子会社化する。delyは売上高2億8900万円。ヤフーは食やレシピに関わる様々な領域で戦略的パートナーシップを構築する。自社のメディア・コマース関連サービスなどの利用者が「クラシル」のコンテンツを利用しやすい取り組みを進め、ユーザー体験の向上を図る。

 ベクトルは、人事評価クラウド事業ベンチャーのあしたのチーム(東京都)を買収する。現在、香港全額出資子会社のVector Group International Limitedを通じて2.8%保有している。あしたのチームの会長がほかの株主から株式を取得したうえで、同会長から32億5800万円で51.3%の株式を取得し、出資比率を54.1%に高める。あしたのチームは2008年設立、売上高約27億6000万円。全国47都道府県に拠点を持つ。中小企業を中心に1300社以上に人事評価制度の構築・運用サポートを提供する。ベクトルは2015年にあしたのチームに資本参加した。経営も含めたサポートを行うことで、同社の新たな段階の成長を実現する。

 ベンチャー企業を対象とするM&Aは年々増加しており、2017年のベンチャー企業M&Aの件数は880件と、2012年の88件から5年間で10倍となった。また、2018年上半期(1-6月)は604件で年換算では約1200件となり、2018年も過去最多になりそうな勢いである。日本では従来、起業家の資金回収はIPOが主であったが、最近ではM&Aも有効な出口の選択肢の1つとして捉える起業家が増えているという。このような起業家の意識の変化を背景に、今後、ベンチャー企業が対象の事業承継M&Aも増えていくことが考えられる。
 



(注)M&A件数は、株式会社レコフデータがニュース・リリース等公表資料などから集計しているデータによる

IN-IN : 日本企業同士のM&A

IN-OUT: 日本企業が当事者1(買い手)、外国企業が当事者2(売り手)となるM&A

OUT-IN: 外国企業が当事者1(買い手)、日本企業が当事者2(売り手)となるM&A

ここでは公開情報から収集した「売り手の経営者や個人株主が株式の大半あるいは一定規模を売却した案件(オーナー系企業売却案件)」を事業承継M&Aと定義。

ただ、事業承継M&Aは捕捉不可能な未上場企業同士の非公開案件が多く、実際の件数はこの数倍と言われている。

公表ベースでデータを収集しており、未完了案件を含む