チーム・グループ紹介

レコフの組織は大きくカバレッジグループとアドバイザリーグループに分かれています。
カバレッジグループが業界の知見を蓄積し、アドバイザリーグループが質の高いエグゼキューション支援を行います。
ここでは、その一部のリーダーたちをご紹介しています。

株式会社レコフ

代表取締役社長

稲田 洋一(いなだ よういち)

1959年 生まれ

1984年 東京大学 法学部 卒業

1993年 米国ダートマス大学経営学修士(MBA)

山一證券株式会社にて個人営業、人事企画業務、事業法人営業を担当後、1994年にレコフ入社。

M&A実務経験は案件の創出・実行を中心に20年以上。主に国内流通(食品スーパーマーケット、ドラッグストア、調剤薬局、ホームセンター)、総合商社、外食・フードサービス等の業界を担当し、上場会社の経営統合、事業譲渡案件などの実績多数。

2016年10月代表取締役社長に就任。

カバレッジグループ

マネージング・ディレクター(MD)

杉山 勝彦(すぎやま かつひこ)

大手証券にて支店営業、台湾師範大学留学を経て、香港現地法人にて法人営業を担当。 1998年レコフ入社。

M&A実務経験は案件の創出・実行を中心に約20年。外食産業での業界再編に関る案件を多数担当。又サービス産業において多岐にわたる業界での案件を多数担当。民事再生法等に関る再生案件も数多くサポート。現在はM&A案件実務と並行して若手社員の育成も担当。

主な注力業界:
外食、サービス全般、食品、教育産業、化粧品、商社

マネージング・ディレクター(MD)

福島 茂夫(ふくしま しげお)

大手証券にて主に引受、事業法人を担当し、100社以上のファイナンスを実行。特に大型エクイティファイナンスを多数担当した。外資系証券にて、プライベートバンキング、クロスボーダーM&Aを経験後、外資系銀行にてM&Aアドバイザリーチームを立ち上げ統括した。1988年マサチューセッツ工科大学経営大学院卒業(MBA)、2008年レコフ入社。

25年を超える投資銀行業務のうち、M&A実務経験は案件創出・実行を中心に15年以上。欧州系投資銀行にて、ヨーロッパ及びアジアのエネルギー、化学、製薬、機械、IT、食品、ヘルスケア、流通案件の日本におけるマーケティングを担当した。

主な注力業界:
金属、化学、機械、運輸、建設、エネルギー及びクロスボーダー案件全般

マネージング・ディレクター(MD)

吉田 正高(よしだ まさたか)

大手都市銀行で国内外のM&A部門に8年間勤務後、1995年年初よりレコフに入社。M&A実務経験は約30年、レコフでの創出・成約案件数は50件以上に上る。国内各業界の案件に携わると同時に、米国・欧州の優良企業の対日進出サポート/撤退案件も数多く手掛け、日本企業の海外での企業買収、資本提携にも関与している。

主な注力業界:
輸送用機器・部品、食品、製紙関連等各種製造業、物流・運輸倉庫、自動車関連サービス、メディア・マーケティング、旅行等、クロスボーダー案件全般(現在は特にベトナムを含む東南アジア圏に注力)

シニア・ディレクター

馬嶋 完(まじま たもつ)

大手証券にて国際営業部門(証券アナリスト)、国際金融部門に所属。海外機関投資家向けIRや外国企業・政府系機関の国内ファイナンスを担当。1998年にレコフ入社。INSEAD(欧州経営大学院)経営学修士(MBA)。

20年近くにわたりクロスボーダーM&A案件を担当。欧米の上場大手企業による国内企業への資本参加(Out-In型)や、国内企業の海外での買収(In-Out型)をサポート。

シニア・ディレクター

水野 治彦(みずの はるひこ)

大手生保において法務や商品開発業務を担当した後、2000年レコフ入社。日本証券アナリスト協会検定会員。

M&A実務経験は10年以上。電子部品・自動車部品・建設機械・食品・家電量販店・食品スーパー・外食・運輸・ホテル・不動産など幅広い業界のM&A案件に関与。現在は主に事業承継案件や事業再生案件を担当。

ディレクター

前田 茂喜(まえだ しげき)

大手流通業にて、事業企画業務、経営企画業務などを担当し、大型M&Aや関係会社の事業再編など多数手がける。

2000年より、エネルギーベンチャー企業の立ち上げを経て、2005年レコフ入社。流通、建設、不動産分野等担当。

アドバイザリーグループ

マネージング・ディレクター(MD)

森山 貴至(もりやま たかし)

10年以上に亘りM&Aのエグゼキューション業務に従事。
外食チェーンによるファミリーレストランの買収をはじめとして、エヌ・ティ・ティ・データによるエックスネット株式に対する公開買付け、上場食品メーカーへの事業再生アドバイザリー、上場食品スーパー同士の経営統合、現地企業との合弁会社設立を通じた日本企業の海外進出支援等、多数のディールをサポート。
2004年当社入社

ディレクター

内堀 哲志(うちぼり たかゆき)

1992年レコフに入社、一貫してM&A業務に従事。

M&A業務経験は20年以上。 IT・情報システム業界をはじめとする多くの案件のエグゼキューション業務や事業再生案件等における助言業務を経験。

ディレクター

庭月野 賢秀(にわつきの たかひで)

2006年レコフ入社、一貫してM&A業務に従事。

M&A・組織再編や私的・法的整理に係る事業再生等の多くの案件のエグゼキューション業務を経験。

アドミニストレーション・リサーチ

マネージング・ディレクター(MD)

チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)

取締役 企画管理部長

岩口 敏史(いわぐち としふみ)

ミシガン大学経営学修士(MBA with High Distinction)。大手証券にて営業企画、人事、外国債券引受を担当後、外資系経営コンサルティング会社を経て、1998年レコフ入社。M&Aセミナーの講師実績多数。

レコフにおいては、M&A戦略立案コンサルティング、IT業界を中心とした案件創出・実行、M&Aデータベース事業開発等を経験し、現在はレコフの経営企画/アドミニストレーションの責任者。(株)レコフデータ取締役会長を兼務。平成29年度経済産業省「我が国企業による海外M&A研究会」委員

企画管理部 部長(リサーチ担当)

澤田 英之(さわだ ひでゆき)

金融機関系研究所等で調査業務に従事後、政府系金融機関の融資担当を経て2005年レコフ入社。各業界におけるM&A動向の調査やこれに基づくレポート執筆などを担当。
平成19年度農林水産省補助事業、食品企業財務動向調査委員、平成19年度内閣府経済社会総合研究所M&A研究会 小研究会委員。
著書・論文は「食品企業 飛躍の鍵 -グローバル化への挑戦-」(共著、株式会社ぎょうせい、2012年)
「データから見るIN-OUTの動向 -M&Aを通じた企業のグローバル化対応-」(証券アナリストジャーナル 2013年4月号、公益社団法人 日本証券アナリスト協会)など。

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697