グループ再編

昨今、事業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しており、企業は選択と集中による適切な事業ポートフォリオの構築や、
持株会社化等によるガバナンス体制の構築といったグループ再編の重要性が高まっております。
弊社は、長年にわたり蓄積してきたグループ再編の知見を活かし、
お客様の最適な事業ポートフォリオの実現・ガバナンス体制の構築をサポート致します。

大企業によるノンコアビジネス子会社の売却

当事者の概要

対象会社の概要

事業内容 人材派遣事業
業界動向 企業人材ニーズの多様化に伴う市場拡大(復調)への期待が高まる一方、派遣人材の労働環境改善を目的とした業法の厳格化とこれに伴う事業運営体制の複雑化、競争激化が想定される状況にあったく

買手企業の概要

上場総合人材派遣会社

取引イメージ図

本件検討開始の背景・工程

  • 顧客よりターゲットを買収したい旨の要望を聴取
  • 顧客・レコフの協業により、業界展望、買収の意義、ターゲットと株主からみたメリット、買い手グループが相手として最適である理由などを提案資料に整理
  • レコフから株主(親会社)に対し上記提案書とともに、親会社が派遣事業を継続していく戦略的意義が薄れてきたことを強調し株式の売却を説得

成約のポイント

  • 顧客にターゲットに対する明確な買収意向と企業価値向上プランがあったこと
  • キーマン(意思決定者)への接触、提案がなされたこと。打診のタイミング・方法が適切であったこと
    • ・当初、株主(親会社)の担当部門における事業継続意思は固く、直ちに事業分離を進めることは難しいものと思われた。しかし、打診プロセスの初期段階からFAを起用したことで、株主およびターゲット経営陣を説得するためのメリットを事前に十分に整理したうえで提案がなされ、最終的には担当部門も含め株主(親会社)の本件意義についての理解を得ることができた
  • 熱心な買い手であることが伝わったことに加え、下記メリットを理解していただけたこと
    • ・シナジーを踏まえた適切な経済条件で合意が可能なこと
    • ・本件を通じて対象企業の更なる成長を実現できる可能性が高いこと
    • ・本件が株主(親会社)の進める事業ポートフォリオの見直しを促進する好機であったこと
  • 経験豊富なエグゼキューションチーム(FA・弁護士・会計士)のサポートにより発見された論点を適切に処理できたこと
    • ・法的規制事業の第三者への分離が前提であり、また継続中の訴訟案件を抱えていたことなどから、リスクの適切な分担や経済条件への落とし込み等の論点において難易度の高い交渉が必要であった

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697