レコフについて

レコフは1987年の創業以来、
M&Aを通じてさまざまな顧客の課題を解決しています。

レコフの歴史

レコフ創業の1987年当時は、
M&Aは一部の企業が活用している特殊な手法でした。
それから三十年、M&Aはごく一般的な経営手法となり、
日本のM&A市場も大きく拡大しました。
レコフは、わが国独立系M&Aブティックの草分けとして、
経験に裏打ちされたノウハウをもとに様々なアドバイスを行い、
数多くの案件成就に携わることで顧客との信頼関係を築き上げてきました。

創業者の思い

創業者 吉田允昭

M&Aは、新しい価値への創造という頂きへ向け、一歩一歩を積み重ねることでしかたどり着けない、強靭な精神力を要する仕事であること。その頂きが顧客企業にとって最良の頂きであること。さらには、多くの日本企業が大切にしている自社の歴史や企業文化を十分に尊重すること。それは現在のレコフへ受け継がれています。

レコフの目指すこと

代表取締役社長 稲田洋一

私たちの提案するM&Aにより、お客様の事業を成長・発展させ、企業を支える人を活かし、新たな業界秩序を形成することを通じて、日本の産業界の活性化に貢献します

チーム・グループ紹介

レコフの組織は大きくカバレッジグループとアドバイザリーグループに分かれています。
カバレッジグループが業界の知見を蓄積し、アドバイザリーグループが質の高いエグゼキューション支援を行います。

カバレッジグループ

業界の知見を持ち、顧客企業の経営戦略を理解して課題を認識し、提案し、サービスを提供します。

アドバイザリーグループ

企業評価等の専門知識を有し、顧客企業の案件に対してきめ細やかなエグゼキューションサービスを提供します。

管理部門

レコフの支柱的存在として、各種マネジメントを通じて弊社を支え続けております。

主な成約案件実績

公表日2015/04/03

当事者1その他金融/8253クレディセゾン

ストラクチャー資本参加

当事者2その他金融HDファイナンス[ホーチミン市住宅開発商業銀行(HD Bank)]

レコフのポジション買手FA

公表日2012/07/13

当事者1家電量販店・HC/9831ヤマダ電機

ストラクチャー買収

当事者2家電量販店・HC/8175ベスト電器

レコフのポジション売手FA

公表日2010/10/15

当事者1繊維/8112東京スタイル

ストラクチャー合併

当事者2繊維/3605サンエー・インターナショナル

レコフのポジション仲介

公表日2007/12/14

当事者1ソフト・情報/9751TIS

ストラクチャー合併

当事者2ソフト・情報/3819インテックホールディングス

レコフのポジション仲介

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697