業界再編

人口減少とそれに伴う国内マーケットの縮小、グローバル競争の激化等を背景として、
日本企業にとって業界再編というテーマはこれまで以上に重要性を増しています。
レコフでは、社員が業界を長期間担当し精通することにより、業界再編を実現するM&Aをサポートいたします。

上場会社同士の経営統合

当事者の概要

対象会社の概要

事業内容 食品スーパーマーケットの運営
業界動向 大手による出店攻勢が継続する一方、ドラッグストアなど異業種企業も食品の販売を強化しており、競争が激化
中・長期的には少子高齢化により市場の縮小が確実に進むことが想定される。また、足元では消費の回復が遅れており、既存店の売上は厳しい傾向が継続。店頭価格はデフレ傾向が続く

買手企業の概要

東証に上場している食品スーパーマーケットの運営会社

取引イメージ図

本件検討開始の背景・工程

  • 両当事会社とレコフとのコンタクトはそれぞれ20年以上の歴史がある。双方ともに、レコフ創業時からトップとの交流があり、両社とそれぞれ案件成約の経験も有する
  • X社はかつて経営が悪化した時期があったが、その後の経営努力の結果、2000年代までには食品スーパーマーケット業界における優良企業へ成長した。経営基盤が固まったことにより、本格的にM&Aによる業容拡大を検討するようになった
  • Y社は価格競争の厳しい地域の市場で独立系として事業を継続する食品スーパーマーケット運営会社。将来を見据え、オーナー経営からの脱却を目指して、M&Aを検討していた
  • レコフより両社の経営統合を提案。経営統合により、①地域を広く押さえるリージョナルチェーンが誕生すること、②売上規模も拡大し、有数の規模の食品スーパーマーケット運営会社が出来ること、③両社において、商品の品揃えと価格競争力の補完関係があること、などのメリットが享受可能であることを問題提起し、両社より賛同を得た
  • 両社にとって統合のメリットは明確であったため、検討推進においては大きな支障はなく、交渉開始から8ヵ月で正式な契約の締結に至った

成約のポイント

  • 地域的な補完関係が明確に成立していたことに加え、ノウハウ面でも相互に持ち味、強みの補完関係が存在し、経営統合によるシナジーが明確に見いだせた
  • 両社と関係の深いレコフが両社への提案段階より関与しており、両社間のコミュニケーションが円滑に進んだ
  • 上場企業間の組織再編に係る多岐にわたる手続きをレコフが全面的に支援

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697