M&Aの手法

資本業務提携

資本業務提携とは、資本参加を伴う業務提携をいいます。第三者割当増資などにより資本関係を構築する一方で、両社の独立性を維持しながら強固な関係を築くことが出来ます。
出資割合により、株主の権利が異なります。そのため、資本業務提携を行う際には、提携の目的を達成するためには何%出資する必要があるのか検討する必要があります。

譲渡側

メリット
  • 会社の部門や事業ごとに譲渡することができます。
  • 事業譲渡と異なり、資産、負債の移動に対する消費税が発生しません。
  • 一定の要件を満たせば、資産の含み益に対する課税が繰り延べられます。
デメリット
  • 対価が非上場株式の場合、現金化することが難しくなります。
  • 債権者保護等に係る手続きが必要になる場合、手続きが煩雑になります。

譲受側

メリット
  • 譲渡対象に属する資産、負債、契約、従業員などを包括的に承継することができます。
  • 株式を対価とした場合、資金を準備する必要がありません。
デメリット
  • 簿外資産、簿外負債を承継するリスクがあります。
  • 債権者保護等に係る手続きが必要になる場合、手続きが煩雑になります。

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697