M&Aの手法

株式譲渡

株式譲渡は、株主が保有する対象会社の株式を他社に売却することで、株主の地位を譲渡する取引をいいます。他の取引と比べて簡便な取引のため、中小規模のM&Aでは最も利用されている手法です。

譲渡側

メリット
  • 手続が比較的簡単にでき、取引実行まで時間がかかりません。
  • 株主が直接対価を受け取れます。
デメリット
  • 不要な資産などを譲渡対象から除外する場合、別途手続きが必要になります。
  • 組織再編手続きが必要であり、手続きが煩雑です。

譲受側

メリット
  • 手続が比較的簡単にでき、取引実行まで時間がかかりません。
  • 従業員、取引契約、許認可(一部除く)をそのまま承継することができます。
  • 譲受後も子会社として独立運営することができます。
デメリット
  • 簿外資産、簿外負債を承継するリスクがあります。
  • 株式が分散している場合、全株式を取得できない可能性があります。

手続き

株式譲渡契約書の締結
譲渡先(対象会社株主)及び譲受先との間で株式譲渡契約書を締結
株式譲渡取引

【譲渡制限株式の場合】
対象会社の取締役会(又は株主総会)にて譲渡の承認決議
譲受先から譲渡先へ譲渡対価の支払い

【株券発行会社の場合】
譲渡先から譲受先へ株券の交付
株主名簿の名義書換え手続き

お問い合わせ

ご相談無料!M&Aのことなら、
お気軽にご相談ください。

お電話でもお気軽にご相談ください。平日 9:00 ~ 18:00

03-3221-4697